上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
Keshe Foundation ホームページ
ケッシュ財団
.............................................................................................................

MTKeshe replied to a thread Comments on the health paper in Health 06-10-2013
http://forum.keshefoundation.org/showthread.php?2250-Comments-on-the-health-paper&p=11284#post11284

スレッド:医療に関する研究論文へのコメント へのケッシュ氏の投稿 2013年6月10日

約束どおり、今日論文をホームページにアップロードした。

内容を読んで喜んでもらえることを願う。

http://www.keshefoundation.org/latest-papers.html


----------------------------------------------------------------------------------------


MTKeshe replied to a thread Comments on the health paper in Health 06-12-2013
http://forum.keshefoundation.org/showthread.php?2250-Comments-on-the-health-paper&p=11370#post11370

スレッド:医療に関する研究論文へのコメント へのケッシュ氏の投稿 2013年6月12日

この論文に関するフォーラム ライブ討論の日程は7月に指定したい。7月の2週目になるかもしれない。質問はすべてIngrid 宛てに送って欲しい。


----------------------------------------------------------------------------------------


MTKeshe replied to a thread I cannot open pdf for homeopathy in Website help & FAQ 06-14-2013,
http://forum.keshefoundation.org/showthread.php?2303-I-cannot-open-pdf-for-homeopathy&p=11442#post11442

スレッド:ホームページHelp&FAQ:ホメオパシーのPDFファイルが開けられない
へのケッシュ氏の返信 2013年6月14日

サーバーへの多大な攻撃後、安全確保の理由により論文のアップロード直後に、ウェブマスターの安全対策チームがプログラムを変更したので、お知らせする。

論文のダウンロード方法: 寄付をした後に、フロントページに戻って1番目の選択が出来なければ、「既に寄付をした」という選択をして欲しい。

そうすれば、すでに献金をしているので正しい行為となる。


----------------------------------------------------------------------------------------


MTKeshe replied to a thread Comments on the health paper in Health 06-14-2013
http://forum.keshefoundation.org/showthread.php?2250-Comments-on-the-health-paper&p=11458#post11458

スレッド:医療に関する研究論文へのコメント へのケッシュ氏の投稿 2013年6月14日付

「公表された、ホメオパシー研究論文を読み、仕組みがかなり明解になったので、自分のリアクターを作製する決心をした。だが、層になっている気体の磁気と重力の場は、リアクターに投入された際、いかに相互作用するのか?という疑問について、自分なりの新たな理解が正しいかどうかが知りたい。

私の理解では、ガスは震盪され、希釈される程、磁気重力場での磁場の相互作用が増し、リアクターのパワーを増すことが可能になる。だが、それではどうしたら、パワーを抑えることができるのかの説明が付かない。それには、高度に震盪されたガスを取り除き、低度のガスを投入する必要があうだろう。(要約)」

というフォーラムへの質問に対するケッシュ氏の返信


あなたの質問に対する私の答えは大変シンプルなものだ。

あなたのシステムは発生装置ではなく-これまでそう呼ばれて来ているが、反応装置で、作製しようとしているのは重力受容機だ。

あなたの困惑は、これである程度解消し、質問の答えにもある程度なっているであろう。


................................................................................................................
日本は既にケッシュ財団の技術を受け取ったと財団のホームページに掲載されています。
安倍総理に情報を公開し、原発事故処理、フリーエネルギー開発に最優先で取り組むよう、メッセージを送って下さい。
首相官邸HP ご意見募集(国政に関するご意見・ご要望)
スポンサーサイト
2013.06.19 Wed l 医療に関する論文の発表 トラックバック (0) l top
Keshe Foundation ホームページ
ケッシュ財団
.............................................................................................................

MTKeshe replied to a thread New method of sharing knowledge with mankind inHealth 05-09-2013

http://forum.keshefoundation.org/showthread.php?2149-New-method-of-sharing-knowledge-with-mankind&p=10508#post10508

スレッド:人類が医療についての知識を分かち合う、新しい仕組み ケッシュ氏の投稿 2013年5月9日付

(知識が共有される)この方式では査読は無意味なものになり、科学界からは取り除かれる。知識を受け取った者は、各自がそれぞれの理解と知力に応じて研究の論点を査読するからだ。

この方式の素晴らしい点は、知識が全ての人々に共有されるだけでなく、著作権の侵害や、本や論文が盗まれる事がなくなるからだ。

知識を共有するというこの方式では実際、窃盗という罪を犯すのを止める事が出来る。よって魂の成長が阻止されるという基盤を作らない。(「新しい時代」を読めば理解できる)

インターネットのリンクからタダでコピーしたり、ダウンロードする事は、所有者や著者が了承していない限り窃盗行為である。違法なダウンロードでタダで本を得た者は、原版の所有者から収入を奪っても、自宅の閉ざされた部屋の中での行為なので構わない、と思うだろう。

これは新型の犯罪で、人のポケットに手を入れてお金を盗む泥棒と同様に償う事になる。

いわゆる最近の、フリーダウンロードと呼ばれるものは、盗むリンクをサイトに載せた者もダウンロードして盗みに加担した者も両者が罪を償うことになる。

だが、タダのリンクをサイトに載せた者は、誰かがそれをダウンロードする度に新たな窃盗に加担したことになり、その罪を償うことになる。

私たちの本について、人々がこれを行っているのを見てきた。彼らは本をタダで手入れたと思っているだろうが、私たちは彼らの魂のために祈った。実際には、彼らは自分とその魂に、書店の棚から本を盗んだのと同様の償いをさせる設定をしてしまったのだ。

魂は窃盗に気付いていて、適当な時期に物事を正しい方向に修正しようとする。魂はその人間の人生において、その人間が働いた盗みに対して、肉体的部分が物的、金銭的損害を被るような状況を作リ出す。そうして、同じ事をしないようにする。これは魂により行われる。こうして魂の次元で成長する機会を逃さないためである。

いわゆるフリーダウンロードから、あなたは本やゲームをタダでダウンロードしたとしよう。そして2.3日後に、思いがけず何かを失ったとしたら、それが、窃盗の目撃者であるあなた自身の魂の判断によるものであると理解するだろう。

Varna(ブルガリア)での講演を見て欲しい;人の魂に繋がっている、肉体と脳の働きについてある程度まで説明をしている。

平和は平穏な心と魂から起こり、来る。

................................................................................................................
日本は既にケッシュ財団の技術を受け取ったと財団のホームページに掲載されています。
安倍総理に情報を公開し、平和条約に署名するよう、メッセージを送って下さい。
首相官邸HP ご意見募集(国政に関するご意見・ご要望)

2013.05.11 Sat l 医療に関する論文の発表 トラックバック (0) l top
Keshe Foundation ホームページ
ケッシュ財団
.............................................................................................................

MTKeshe started a thread New method of sharing knowledge with mankind in Health 05-08-2013,
http://forum.keshefoundation.org/showthread.php?2149-New-method-of-sharing-knowledge-with-mankind

新スレッド:人類が医療についての知識を分かち合う、新しい仕組み 
ケッシュ氏の投稿 2013年5月8日付

ケッシュ財団では近々、最初の医療文書の一つを公開する。 内容は医学界と科学界に新たな一章の幕開けをもたらすものだ。この文書で財団は、現代の科学で最も懐疑的なものの一つである治療の過程について明らかにする。

この文書の公開により、世界平和に必要である、正しく振る舞うという行為について、新たな思想を提案する。

ケッシュ財団は新しいやり方で、新しい科学を平和裏に公開する。私たちの知識を世界の人々と新しい方式により共有し始める。

この新しい方式では、三通りの方法があり、どれも同じ文書へのリンクが得られる。得られる知識に対し良心的に支払いをするかどうかは読者次第である。

新しい文書を読むには次の三つの選択がある。

1.この知識を存分に得るため、財団に寄付をしたい。
2.この文書のために、以前寄付をしたが、再度読みたい。
3.支払い能力がないが、知識を入手したい。

この三通りのリンクはどれも同じ文書にたどり着く。どの人間も財政状況に関り無く、神と創造の知識を同じように受け取る。

文書が集積され、将来一冊の本にまとめられるまで、同様にする。今後、財団では本にまとまるまで何年も待つ替わりに、このように(研究)文書を公表する。

これからは、知識をあなた方と共有し、それがどれだけ人々を教え啓蒙するか、それと引き換えに、この地球上のすべての人間に等しく、その技術を更に発展させる機会を与えるかどうか、それを決めるのは読者次第だ。

これを私たちは無償による(自由な)知識の共有と呼ぶ。受け取るものに対し、財団に誠実になることで、あなたは平穏な心が得られる。


関連記事:医療への応用

................................................................................................................
日本は既にケッシュ財団の技術を受け取ったと財団のホームページに掲載されています。
安倍総理に情報を公開し、平和条約に署名するよう、メッセージを送って下さい。
首相官邸HP ご意見募集(国政に関するご意見・ご要望)
2013.05.10 Fri l 医療に関する論文の発表 トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。