上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
Keshe Foundation ホームページ
Keshe Foundation フォーラム
ケッシュ財団
.............................................................................................................

和訳:Yuzo Nakano

2012/11/18 - アップロード元: Introduction to Keshe Foundation

General interview in 2011 with Mehran Tavakoli KESHE by Bert Corsius about the Keshe Foundation, plasma technology and several fields of applications.



Keshe財団に関するバート・コルシウス(Bert Corsius)によるメヘラーン・タバコリ・ケッシイ(MehrenTavakoli Keshe)との2011年の総合インタビュー

Keshe 財団についての総合インタビュー動画 和訳 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13) (14) (15) (16) (17) (18) (19)
(20)

【0:45:10~0:50:42】

−ケッシイ財団 − 「紹介」‬   Keshe Foundation - INTRODUCTION (7)

磁気および重力場の構造や、それらがどのように生成されるかを理解すれば、ゾーンを作ることができる。ゾーンの深さ(範囲)を10m、100m、1000mなり決定し、まさに地球のように1Gを維持する。

私たちが提案している2016年の月旅行でさえ、私たちのシステムで、無重量状態を試したければ、その条件を作成するためのコストがかかるので、余分に支払わなければならない。

私たちのシステムでは、常に1 Gで同じ(重力条件)だ。この技術を持つ他の利点は...、アメリカ人は火星に行くことを計画していて、その高度なプログラムを見ると、カプセルを作ったり、この仕事を達成するため、数ヶ月間用の燃料タンクと呼んでいるものを、使用する計画をしている。そして、彼らは外に行くにも、どこへ行くにも、特別な火星服を着用する必要がある。

そこには条件が付けられ、いわゆる、刑務所カプセルだ。それは、まさにスペースラブの中でちょうど今起こっていることだ。しかし、地球のように磁場と重力場を正確に生成することができる私たちの方法なら、ミニ(BMW?)あるいはメルセデスで、または燃料タンカーで行こうが、問題ではない!

目的地へ到着したら、また正確に1Gの磁場を10m、100mと増加させるので、歩く事ができる。月の上で歩く事ができる。火星でも、どの惑星上でも歩く事ができる。1Gの空間を歩くことができる... なぜなら、磁場と重力場がゾーンを作ることを可能にするからだ。

終了したら、フィールド(磁場)を減らし、次の場所に移動する。これは、どこでも好きなところでテントを張る事ができる、休日のキャンプのようなものだ。

これが、この技術の将来だ。私たちは今、このシステムを持っているので、これはおとぎ話ではない。私たちは話しをするだけではない。

たいへん近い将来、私が、あなたにCO2を示したように、それを何と呼べば良いのか...磁場の操作、車輪のない最初の車を見せる。同じ原理で、車は自分で位置付けをする(ポジショニングする)...もう燃料タンクは必要ない。

あなたは文字通り、あなたの位置を見つける、車輪はない。あなたは好きなように、どんな高さでも飛ぶでしょう。

私がこの技術と共にもたらすものを、私たちはテストした、私たちは明白に断言できる。あなたのシステムのまわりにある大気のように、磁場を生成する。

かつてコンコルドは、超音波速で飛行すると、(摩擦)熱のために(機体が)数センチほど膨張した。このシステムを内側に置いた場合、そう、ジャンボ・ジェットの内部にと言いましょう。あなたは、飛行機の物理的な境界を越えて、磁場の境界を増加させることができる。そして空間や地球の環境中にある物質と飛行機の間に摩擦は起こらない。

摩擦なしの環境で旅をするので、はるかに速く飛行できる。しかし、そのシステムの動的な磁場が作動しているので、例えば、同じ飛行機の内部にそのシステムを置けば、あなたのシステムは、現在の知識によるレーダー技術ではとらえられない。

電波の磁場が、このシステムに近づくと、私が言ったように、プラズマ、ダイナミックプラズマが、文字通りそれを吸収し、切り刻む。そして文字通りその構造の一部となる。したがって、レーダーからの波は戻らない。あなたは、物体が飛んでいるのを見ても、レーダーに物体は映らない。それは、レーダーがフィードバック、あるいはリターン波を得られないからだ。

この技術を使うと、これらの物体や、どんな物体も現在のレーダー周波数上ではとらえられない。

多くの人々が空を見て、物体があると言うのに、レーダーや特別のシステム上に...何もないという事ではない。システムを検知する方法はある。

しかし、同時に、このシステムが動的な球状の磁場を生成するので、これらの磁場は地球の磁場および重力場と相互作用する。したがって、2つの場が相互作用した結果が光の発生だ。

今後、Magravs(磁気重力場)および地球の重力磁場の相互作用により、空中でこれらのシステムが飛ぶのを見る時、空にいわゆる「明るい光」が見える。

空に、私たちがジェット旅客機の飛行航跡を見るように、将来、私たちはいわゆる、気化物質線条(the vapour lines)を見る。

将来、私たちは、物体がある地点に光を見る...物体が移動すると光が移動するので、ある意味では、後には何も残存しない。そのように、空間、あるいは私たちの頭上の空間にジェット旅客機を見ることに慣れたように、まもなく、私たちは、実際に、明かりを見たり、明るい光が頭上を交差するのを見ることに慣れるでしょう。

それが、まさにこれから起こる事で、私たちが見るものだ。この重力磁場テクノロジーの使用は、私たちを別の次元に送る。

つまり、ミサイル技術、兵器技術のために使用されているマッハ1、マッハ2、マッハ3の速度は、子供の遊びとなる。

和訳:Yuzo Nakano

Keshe 財団についての総合インタビュー動画 和訳 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13) (14) (15) (16) (17) (18) (19)
(20)

................................................................................................................
日本は既にケッシュ財団の技術を受け取ったと財団のホームページに掲載されています。
安倍総理に情報を公開し、原発事故処理、フリーエネルギー開発に最優先で取り組むよう、メッセージを送って下さい。
首相官邸HP ご意見募集(国政に関するご意見・ご要望)
2013.08.29 Thu l 2011年 総合インタビュー 和訳 トラックバック (0) l top

トラックバック

トラックバック URL
http://sunshine849.blog.fc2.com/tb.php/120-784d4bce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。