上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
Keshe Foundation ホームページ
Keshe Foundation フォーラム
ケッシュ財団
.............................................................................................................

MTKeshe replied to a thread Keshe Foundation spaceship program enters a new Era inSpace and motion 08-28-2013
http://forum.keshefoundation.org/showthread.php?2654-Keshe-Foundation-spaceship-program-enters-a-new-Era&p=12449#post12449

スレッド:ケッシュ財団スペースシップ プログラム、新時代に突入 へのケッシュ氏の投稿
2013年8月28日付

これらの実験では、システムの準備にも実験の最中のいかなる時も、磁石や核物質は使われていない。

すべての効果は、システムのコア内のプラズマの相互作用と、自然な磁場の創生により生み出されたものだ。

MT Keshe


----------------------------------------------------------------------------------------


MTKeshe replied to a thread Keshe Foundation spaceship program enters a new Era inSpace and motion 08-29-2013
http://forum.keshefoundation.org/showthread.php?2654-Keshe-Foundation-spaceship-program-enters-a-new-Era&p=12458#post12458

スレッド:ケッシュ財団スペースシップ プログラム、新時代に突入 へのケッシュ氏の投稿
2013年8月29日付

実験に関しての質問に答え、一部詳細を記す。

開始時のシステム重量:18.55Kg

イオン化の誘引源:イオン化状態を起こすために開発された新宇宙素材。電気や機械システムを使わずに一種類のガスのみを使用。

回転速度:約500回転/分

プラズマの創生:均一な球状

作業温度:室温

実験中の重量の変化:18.55 - 17.4-16.22-16.60-17.4 kg と変化し 18.55 kgに戻った。

磁力重力場(Magravs)レベルの強度:3時間後90%がプラズマ状の空気状態

ガス:水素、 圧力1バール

使用ガスの容量:1/1000 mg 以下

ケッシュ財団チームは、物理学教授の立会いの元に実験を行い、彼による独自の評価が行われる。


................................................................................................................
日本は既にケッシュ財団の技術を受け取ったと財団のホームページに掲載されています。
安倍総理に情報を公開し、原発事故処理、フリーエネルギー開発に最優先で取り組むよう、メッセージを送って下さい。
首相官邸HP ご意見募集(国政に関するご意見・ご要望)

2013.08.30 Fri l プラズマ リアクター開発の経過 トラックバック (0) l top

トラックバック

トラックバック URL
http://sunshine849.blog.fc2.com/tb.php/123-186a57ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。