上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
Keshe Foundation ホームページ
Keshe Foundation フォーラム
ケッシュ財団
.............................................................................................................

和訳:Yuzo Nakano

2012/11/18 - アップロード元: Introduction to Keshe Foundation

General interview in 2011 with Mehran Tavakoli KESHE by Bert Corsius about the Keshe Foundation, plasma technology and several fields of applications.



Keshe財団に関するバート・コルシウス(Bert Corsius)によるメヘラーン・タバコリ・ケッシイ(MehrenTavakoli Keshe)との2011年の総合インタビュー

Keshe 財団についての総合インタビュー動画 和訳 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13) (14) (15) (16) (17) (18) (19)
(20)

【1:16:22~1:19:20】

−ケッシイ財団 − 「紹介」‬   Keshe Foundation - INTRODUCTION (15)

著書の中で、私は非常に単純な方法で説明した。反物質環境、または、原理物質、あるいは暗黒エネルギー、-私たちはそれを推移エネルギーと呼ぶ-の中に入ると、物質(として)の私はどうなるのか?と訊かれる。

“光の構造”の本の中で説明したが、私たちの肉体は、それが入っている環境に、時間で変化する。

私たちが、物質、あるいは暗黒物質、推移物質、原理物質、または、いわゆる反物質の次元に入ると、私たちの細胞は、その中心は、いわゆる“原理物質”で作られているため、強度が低下すると共に、それは物質になる。それらの環境では、反物質や原理物質が表に現れる。

だからそのまま、私たちの存在の整合性を維持する。しかし、物質レベルを使う代わりに、私たちは、原理物質に変わる肉体を使う。

したがって、宇宙の異なる次元では、私たちの構造内の異なる強さの磁場が表に現れる。

ある意味では、アインシュタインは、“光はエネルギーだ”と言う。

実際には、これはただ、うーん...ナンセンスの...かたまりだ!

なぜなら、光はプラズマで、それはまさに中性子の、あるいは陽子および電子の、構造状態だからだ。

ただ一つの違いは、中性子のプラズマが、例えば、空間のAからBまで、その球形を維持したまま進む場合、多くの抵抗に会う。

何が起こるかと言うと、到着する地点がどこであれ、そのポイントに磁場をに合わせるので、引き伸ばされた形になる。

したがって実際、光とは環境を通過するごとに、環境に応じて、カバー、外装を変える細長い形状のプラズマである。強い原理環境にある場合、エネルギー損失はより少ないので、その原理フィールドが表に現れる。(環境と)同じである場合、摩擦はより少なくなる。

光と呼ばれるものの原理として、推移物質の次元に光があり、原理物質の中にも光がある。だがその強度の場に存在する光は、環境に対する二つのプラズマの摩擦により生じる。

したがって、原理物質、暗黒物質とその創成を理解した今、物理学の世界(の問題)を科学的に説明して、多くの答えが見出せる。

同時に、私たちは、魂の創成、その問題であるもの、あるいは創造の目的は何なのか、そして、どのように魂をもっているのかを理解する事ができる。

和訳:Yuzo Nakano

Keshe 財団についての総合インタビュー動画 和訳 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13) (14) (15) (16) (17) (18) (19)
(20)

................................................................................................................
日本は既にケッシュ財団の技術を受け取ったと財団のホームページに掲載されています。
安倍総理に情報を公開し、原発事故処理、フリーエネルギー開発に最優先で取り組むよう、メッセージを送って下さい。
首相官邸HP ご意見募集(国政に関するご意見・ご要望)

2013.09.10 Tue l 2011年 総合インタビュー 和訳 トラックバック (0) l top

トラックバック

トラックバック URL
http://sunshine849.blog.fc2.com/tb.php/136-a153fc99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。