上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
Keshe Foundation ホームページ
Keshe Foundation フォーラム
ケッシュ財団 (トップページ)
.............................................................................................................

元記事: MTKeshe replied to a thread Keshe Foundation spaceship program enters a new Era in Space and motion 09-18-2013

スレッド: ケッシュ財団スペースシップ プログラム、新時代に突入 へのケッシュ氏の投稿
2013年9月18日付

先の実験の重量増加の意義について、説明して欲しいとの質問が来ている。

実験での、システムの一方向への重量増加の重要性は下記の通りだ。

先ず第1に;

このプロセスを通じて、私たちはエネルギーとしての磁場は、必ずしも重力場の力に変換されるとは限らず、質量に変換できることを示した。

その理由は、検知器による磁束変換は、この(実験の)間、磁束が安定していることを示していたからだ。従って、4日間にわたって記録された、ゆっくりとしているが、継続的な重量の増加は、主にエネルギーの質量への変換のみによる、質量増加である。

同じプロセスは太陽系や銀河系でも観察される。

重力場の力は増加していないという結果が出ている。場の検知器も、最初と最後の実験のデータは、多かれ少なかれ、まったく同じ値を示した。

第2に;

このテストは発電機のテストの一部でもあるが、このテストを通じて、プラズマは継続的にそのエネルギーを放出できるだけでなく、エネルギーの質量への変換を、物質の生産に利用したり、持続的な磁束を直接エネルギーの生産に使用し、発電にも利用可能であることを同時に示した。

次のテストでエネルギー生産に達成するため、システムを改良をしている。

よって、人は宇宙において、同じシステムによる、同じプラズマ環境を通じて、エネルギーと物質 (食料) を同時に創生できる。

これらの結果は、今や私たちは非ニュークリア過程を通じて、エネルギーと食料または物質を宇宙のどこでも、同時に創生できるということを示す。これは、将来のスペース プログラムが地球からの資源に依存せず、時間無制限になるということだ。よってこれらはとても意義深い。

食料の生産においてはギャンズ(gans = gas in nano state : ナノ状態のガス) 状態を創り出す必要がある、と心に留めておいて欲しい。これはすでに私たちが理解している技術だ。

よって、次のテストではエネルギー生産、質量と重力場を一つのシステムで確証する、ということに設定がおかれる。

更にデータの分析ができたらお知らせする。

私たちに力を貸してくれている3カ国の科学者、エンジニア、技術家たちのチームの献身的な努力に、あらためて感謝する。


................................................................................................................
日本は既にケッシュ財団の技術を受け取ったと財団のホームページに掲載されています。
安倍総理に情報を公開し、原発事故処理、フリーエネルギー開発に最優先で取り組むよう、メッセージを送って下さい。
首相官邸HP ご意見募集(国政に関するご意見・ご要望)
2013.09.19 Thu l プラズマ リアクター開発の経過 トラックバック (0) l top

トラックバック

トラックバック URL
http://sunshine849.blog.fc2.com/tb.php/145-945b21eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。