上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
Keshe Foundation ホームページ
Keshe Foundation フォーラム
ケッシュ財団
.............................................................................................................

和訳:Yuzo Nakano

2012/11/18 - アップロード元: Introduction to Keshe Foundation

General interview in 2011 with Mehran Tavakoli KESHE by Bert Corsius about the Keshe Foundation, plasma technology and several fields of applications.



Keshe財団に関するバート・コルシウス(Bert Corsius)によるメヘラーン・タバコリ・ケッシイ(MehrenTavakoli Keshe)との2011年の総合インタビュー

Keshe 財団についての総合インタビュー動画 和訳 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13) (14) (15) (16) (17) (18) (19)
(20) (21) (22)

【1:33:24~1:35:49】

−ケッシイ財団 − 「紹介」‬   Keshe Foundation - INTRODUCTION (21)

実際、宇宙...宇宙は拡大していると言われている。原理物質が中心にあるので、宇宙は拡大している。私が言うように、(原理物質は)まき戻している...それ自体が成長している。だから現実として、いわゆる「Unicos」(普遍的な宇宙)というものは...、この宇宙は、拡大していく余地がなかったら、拡大しなかったということだ。

したがってこの宇宙には、私たちに見ることのできない、私たちの知識を超えた別の部分がある。あるいは、この宇宙は、拡大を可能にさせる環境に向かって拡大している。

だから、環境がこれ以上の拡大をさせないか、または必要以上にすると、この宇宙は、まさに太陽系のように漏れ出す。

放射線(rays)は外に出て、この宇宙は分割し、2つの宇宙になる。ビッグバンは絶対にない。 常に“しゅーという音”だ。まさにニュートロンの分割のように。

分裂が見られ、ただ“しゅーっという音”がする。それは中心からスタートし、その構造体が見られる。 

ブラックホールについての理論もたくさんある。ブラックホールの創造についても同様だ。ブラックホールはない。

ブラックホールはちょうど中心に非常に極端な原理物質があるため、バランスのとれたフィールドを作って推移物質と交差するため、光は生成されない。

2つのものが類似している場合、それらは摩擦を起こさず、またはほとんど起こさない。

そのため、それを闇と呼ぶ。宇宙のフィールドは多かれ少なかれ同じ強さで、それらは移動しているので、互いに通過している。したがって、宇宙は暗い。だから光は見られない。

実際、あまりにも多くの摩擦がある場合、光が見られる。

太陽の放射線(rays)が、地球の磁場と相互作用すると摩擦が起き、それが光を発生させる。もしそうでないなら、なぜ闇があるのか? 地球の磁場と相互作用する放射線がないから、というのが闇をつくる理由だ。

我々に、昼と夜があるのも同じ理由だ。太陽の方向と反対側にいる人は闇の中にいる。地球の、磁場重力場(Magravs)と相互作用する十分な放射線がないからだ。

私たちが太陽の場をどれくらい引き付けるかは、物質が炸裂(explosion)する場合を除き、地球の磁場重力場が決定する。

それは同じことだ...すでに出版された、あるいは、少なくとも数週間の内に出版される本の中ですべて説明した。

和訳:Yuzo Nakano

次の記事(22)を読む

Keshe 財団についての総合インタビュー動画 和訳 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13) (14) (15) (16) (17) (18) (19)
(20) (21) (22)

................................................................................................................
日本は既にケッシュ財団の技術を受け取ったと財団のホームページに掲載されています。
安倍総理に情報を公開し、原発事故処理、フリーエネルギー開発に最優先で取り組むよう、メッセージを送って下さい。
首相官邸HP ご意見募集(国政に関するご意見・ご要望)

2013.09.18 Wed l 2011年 総合インタビュー 和訳 トラックバック (0) l top
Keshe Foundation ホームページ
Keshe Foundation フォーラム
ケッシュ財団
.............................................................................................................

和訳:Yuzo Nakano

2012/11/18 - アップロード元: Introduction to Keshe Foundation

General interview in 2011 with Mehran Tavakoli KESHE by Bert Corsius about the Keshe Foundation, plasma technology and several fields of applications.



Keshe財団に関するバート・コルシウス(Bert Corsius)によるメヘラーン・タバコリ・ケッシイ(MehrenTavakoli Keshe)との2011年の総合インタビュー

Keshe 財団についての総合インタビュー動画 和訳 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13) (14) (15) (16) (17) (18) (19)
(20) (21)

【1:31:33~1:33:23】

−ケッシイ財団 − 「紹介」‬   Keshe Foundation - INTRODUCTION (20)

この技術で、更なる戦争はあり得ない。

何故なら、あなたも私と同等の知識があり、同時に、それはあなたを溶かして消滅させることが出来る知識だからだ。

私は、国連への手紙やヨーロッパの情報筋に常に言って来た。とても明白に言って来た...

人は、愛からではなく、自分の生存を危惧して、この技術を受け取りに来るでしょう。

この技術が好きな訳ではない。

しかし、この技術で何をするか判っているので、それを受け取るでしょう...


(インタビュアー)「わかった、あ〜、おお、う〜ん、その技術で何をするのか?」

「誰もいなくなってしまうでしょう。人類が滅亡する。」

(インタビュアー)「なぜですか?」

「私たちは、自分たちを無のポイントに、文字通り戻す事ができるからだ。」


ビッグバンはなかった。

あなたが創造のプロセスを理解していれば、ビッグバン理論は、それを思い付いた誰かの愚かさから来ている(事が判る)。

陽子(修正: 中性子)が電子と陽子に分かれる時、全く"ビッグバン(大きな炸裂音)"はなかった、"ヒューという音"だけだ。そしてプラズマが分割する。そうでしょう?

誰が巨大なビッグバンのこの創作を考え出したにせよ、それで創造がなされ、宇宙が冷却し重力が保持され、原子が創成された、というこの愚かな理論がある。

これは全くナンセンスです。これは、物理学について何も理解してない連中(の理論)だ。

物理学では、今、プラズマの構造を理解している。プラズマが遅くなる(プラズマのエネルギーが低下する?)時、それは物質のレベルになり、それは私達にとって有形となる。

したがって、ビッグバンはなかった。冷却もなかった。

和訳:Yuzo Nakano

次の記事(21)を読む

Keshe 財団についての総合インタビュー動画 和訳 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13) (14) (15) (16) (17) (18) (19)
(20) (21)


................................................................................................................
日本は既にケッシュ財団の技術を受け取ったと財団のホームページに掲載されています。
安倍総理に情報を公開し、原発事故処理、フリーエネルギー開発に最優先で取り組むよう、メッセージを送って下さい。
首相官邸HP ご意見募集(国政に関するご意見・ご要望)

2013.09.16 Mon l 2011年 総合インタビュー 和訳 トラックバック (0) l top
Keshe Foundation ホームページ
Keshe Foundation フォーラム
ケッシュ財団
.............................................................................................................

和訳:Yuzo Nakano

2012/11/18 - アップロード元: Introduction to Keshe Foundation

General interview in 2011 with Mehran Tavakoli KESHE by Bert Corsius about the Keshe Foundation, plasma technology and several fields of applications.



Keshe財団に関するバート・コルシウス(Bert Corsius)によるメヘラーン・タバコリ・ケッシイ(MehrenTavakoli Keshe)との2011年の総合インタビュー

Keshe 財団についての総合インタビュー動画 和訳 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13) (14) (15) (16) (17) (18) (19)
(20)

【1:29:07~1:31:31】

−ケッシイ財団 − 「紹介」‬   Keshe Foundation - INTRODUCTION (19)

和訳:Yuzo Nakano
19、20世紀の時代には、〝ダイナモ(発電機)"の概念が理解されていた;地球は発電機のようなものだと理解されていた。

実際、核プラズマ物理学では、核物理学者として、私たちは、プラズマはそれ自体が運動している磁場で、それ自体が電流を発生させることを知っている。電流は磁場の運動の割合のことで、どれだけ運動しているかだ。

したがって、それは磁場の生成自体をもたらす。

ある意味では、磁場の運動は、それ自体の磁場を生成し、それを宇宙に供給する。したがって、あなたは、そんなに多くの原材料を必要としない。

地球のその中心が固形物であるという概念は、全く無意味だ。

プラズマ、ある一定量のプラズマの運動は、ソリッドコアの内部で第二の磁場を生成し、その反対側に生成されるものを私たちは知っている。

反対側には、やはりまたプラズマがあり、二つの磁場は相互作用する。また私たちが言ったことに再び戻る。

二つの側は相互作用する。

それらは重力を生成し、類似している双方(同じ極同士)は、お互い反発する。

それらは、地球の磁場を生成する。したがって、ある意味では、一旦これが理解されれば、銀河と宇宙の横断は、次の約10、15および20年の問題で、それ以上ではないでしょう。

私たちがすべてを持っているのに、探索する理由は、私たちが人類であるからだ。

私たちは、何が隣にあるか常に知りたかった。

アメリカを見つけた時、私たちはみなアメリカがいかなる所か確かめにそこに行った。

そのため、私たちは、宇宙のある一つの場所、地球上から取りかかった。私たちは隣に、より良い国を見つけようと、さらに遠くへと、さらに移動した。

さらに遠くへと行き、宇宙には何があるのか調べることは、私たちの性質の一部だ。

しかし、他方では、私が常にすべての話で言うように、私たちが発見したもの、および私たちが開発しているものは、頂点へ到着するための無数のステップを備えた家のような知識だ。

過去30および40年に行われたものすべて、および過去5年間で急速に発展しているものすべてを合わせても、私たちは、ステップワンに、まだ到着してさえいない。

私たちは、さらに、まだ歩く前に起き上がる準備をしているところだ。

それだけでも、無数のステップの第一歩だ。

だから、もっとたくさんあるが、それは、正しい方法、正確な方法、および人間に平和をもたらす方法に基づいて行う、単にそれだけだ。

和訳:Yuzo Nakano

Keshe 財団についての総合インタビュー動画 和訳 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13) (14) (15) (16) (17) (18) (19)
(20)

................................................................................................................
日本は既にケッシュ財団の技術を受け取ったと財団のホームページに掲載されています。
安倍総理に情報を公開し、原発事故処理、フリーエネルギー開発に最優先で取り組むよう、メッセージを送って下さい。
首相官邸HP ご意見募集(国政に関するご意見・ご要望)
2013.09.14 Sat l 2011年 総合インタビュー 和訳 トラックバック (0) l top
Keshe Foundation ホームページ
Keshe Foundation フォーラム
ケッシュ財団
.............................................................................................................

和訳:Yuzo Nakano

2012/11/18 - アップロード元: Introduction to Keshe Foundation

General interview in 2011 with Mehran Tavakoli KESHE by Bert Corsius about the Keshe Foundation, plasma technology and several fields of applications.



Keshe財団に関するバート・コルシウス(Bert Corsius)によるメヘラーン・タバコリ・ケッシイ(MehrenTavakoli Keshe)との2011年の総合インタビュー

Keshe 財団についての総合インタビュー動画 和訳 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13) (14) (15) (16) (17) (18) (19)
(20)

【1:26:22~1:29:06】

−ケッシイ財団 − 「紹介」‬   Keshe Foundation - INTRODUCTION (18)

和訳:Yuzo Nakano

ビーナスについては唯一...二つの可能性がある。その内部コアでの磁場の配置が若干異るか、磁場の一方が他方よりもはるかに高速移動している場合、それが時計回りに動いている原因になる。

私が著書の中で説明した通り、太陽系の創造において、惑星がすべて順番に移動していることが別の可能性だ。

その意味は、大きな巨大惑星が、ガス惑星終焉と見なされる(状態になる)と、太陽の重力場がそれらを引き入れ、太陽により近くなる、という事だ。

それがある位置に来ると、地球に対して、太陽は高回転よりもはるかに強い重力場を持つので、その位置に応じて回転が変わる。金星が太陽に吸収される程接近するにつれ、地球は金星の位置を取り、右回りに回転し始める。それは物理的に示す事ができる。

したがって、隕石に衝突された金星のミステリーは無意味だ。

天王星の回転も同じだ。天王星はその垂直軸を中心に回転するただ一つの惑星だ。また、そのすべての月はその垂直軸の周りを回る。

地球上では、別の軸を中心にしている。

私たちはシステムを持っている。一つのパラメーターを変更すれば、まさにどうシステムがその安定性を保つため、側面に移動するかを示せる

だから何が金星、天王星に衝突したと言うのか...そこには、何の隕石もなかった。また、これらは巨大なガス状の惑星だ。

出版予定の本“太陽系の創造”の中でも、私たちは正確に土星の環はどのように作られるかを説明している。

理由? 私たちは、一つのシステムを持ち、それがどのように行われるか、それ(理由)を示す事ができる。

そして、どうしてガス状惑星にはすべて輪があるか?それが天地創造の特性の一部であるので、それらには輪がある。

この一部はすでに、二冊目の本“光の構造”で説明されている。

そのように、非常に多くの方法で、宇宙のポジショニングと磁場の相互作用の現実に関する、私たちの知識が増すに連れて、私たちの祖先が、自分たちを納得させるために作り上げたこと;

地球の磁場は、中心がソリッドコア(solid core)であるため、解放された電子が、中心のソリッドコア(solid core )の回転と相互作用し、地球の磁場を生成する、という対流理論は、完全にゴミ論であることが判明した。

今、私たちはソリッドコア(solid core)はソリッドコアではないことを知っており、内部に別のコアがあり、おのおのが磁場を持ち、2つの磁場があり重力がある。私たちのシステムは、そのコピーだ。

私は著書の中で、これについて完全に説明している。

和訳:Yuzo Nakano

Keshe 財団についての総合インタビュー動画 和訳 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13) (14) (15) (16) (17) (18) (19)
(20)

................................................................................................................
日本は既にケッシュ財団の技術を受け取ったと財団のホームページに掲載されています。
安倍総理に情報を公開し、原発事故処理、フリーエネルギー開発に最優先で取り組むよう、メッセージを送って下さい。
首相官邸HP ご意見募集(国政に関するご意見・ご要望)

2013.09.13 Fri l 2011年 総合インタビュー 和訳 トラックバック (0) l top
Keshe Foundation ホームページ
Keshe Foundation フォーラム
ケッシュ財団
.............................................................................................................

和訳:Yuzo Nakano

2012/11/18 - アップロード元: Introduction to Keshe Foundation

General interview in 2011 with Mehran Tavakoli KESHE by Bert Corsius about the Keshe Foundation, plasma technology and several fields of applications.



Keshe財団に関するバート・コルシウス(Bert Corsius)によるメヘラーン・タバコリ・ケッシイ(MehrenTavakoli Keshe)との2011年の総合インタビュー

Keshe 財団についての総合インタビュー動画 和訳 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13) (14) (15) (16) (17) (18) (19)
(20)

【1:22:56~1:26:21】

−ケッシイ財団 − 「紹介」‬   Keshe Foundation - INTRODUCTION (17)

私たちは地球の内部構造の完全なデータを持っているので、私たちのシステム内で地球が稼動する方法をコピーした。それが、奇妙に見えてしまう理由だが。

だから、鳥が存在せず、中国人も存在していなかったら(としても)...私たちが持っているほどの知性を持っていたら、何世紀、数千年も前に、私と同じ結論に達していたでしょう。

多くの物事は、私が説明したように起きている。

人は重力と磁界を同時に発見しなかった。二つを同時に発見していたら、既に述べたように、磁石のN極とS極と同じ、この単純性を理解していただろう。私たちはそれを重力と呼ぶ。

重力は引力、引かれること、N極とS極は引き合う。

N極とN極も同じで、何と呼んだか...斥力だ。

そのように、二つを一緒に置くことを理解していたら、私たちはおそらく他の宇宙に、今では宇宙の向こう側にまで行って、おそらく全く別の人種になっていたでしょう。

しかし、私たちは時間を必要とする。

問題は、人間はまだ自分のエゴのために人を殺すので、この時でさえ人は、この技術を理解するべき時ではない。

人間は平和に暮らせることを学習すると、その後、その時はやって来るでしょう。

人は十分に成熟すれば、次のステップに行く資格を得る。

これは、私の一冊の著書の中で言ったことの一つだ。人間が宇宙空間に戦争や殺害の構えで侵入し、他の生き物、天地創造について、より高度な知識を持っている生命体に出くわす場合、この技術、およびこの殺害とこの破壊を実行し続けることは不可能だ。

彼ら(人間)は、決して忘れない教訓を教わる。そして、彼ら(人間)は、生存のために殺すことを、教えられてられて来たことを忘れるでしょう。

(インタビュアー)「では、近い将来、私たちにどのような事がもたらされると思うか?」

次の10-15年以内に、恐らくは次の3~5年以内に、太陽系を横断するでしょう。私たちはとても高度な技術をもたらした。

今、あなたはパンドラの箱を開いてしまったので、今後10年以内に銀河横断は、非常に可能性が高いでしょう。そして、他のものすべてを実行することが非常に容易であると見なされるでしょう。

そして、宇宙は同じ次元になる。

私が未来に何を見るのか、という質問は、非常に興味深い。

天文学に、非常に愚かな概念がある。

金星(ビーナス)は、時計回りに動く、太陽系中のただ一つの惑星であると言われる、そうでしょ?
かつて、地球は宇宙の中心であると思われていたように、これは人間の無知から来る。

現時点では、宇宙論者と天文学者が言うには、金星のある時期に隕石が衝突した事によって自転の逆回転が引き起こされたと言う。

これは単なるゴミ論だ。

それは、なぜか?

私たちは、回転の概念、および磁場と重力場を理解している。私たちは技術を開発し、システムを製造し、コンセプトを証明した。それは大変簡単だ。

私たちのシステムにおいては、リアクター磁場は、まさに地球のように反時計回りである。

磁場強度の一つを変更、またはわずかに、他のフィールドを基準に、位置を変更した場合、リアクターは、振動を開始し、それが時計回りを開始する。

したがって、隕石が金星に衝突したわけではない。

和訳:Yuzo Nakano

Keshe 財団についての総合インタビュー動画 和訳 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13) (14) (15) (16) (17) (18) (19)
(20)

................................................................................................................
日本は既にケッシュ財団の技術を受け取ったと財団のホームページに掲載されています。
安倍総理に情報を公開し、原発事故処理、フリーエネルギー開発に最優先で取り組むよう、メッセージを送って下さい。
首相官邸HP ご意見募集(国政に関するご意見・ご要望)

2013.09.12 Thu l 2011年 総合インタビュー 和訳 トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。